HOMEWebデザインセールスレター作成メルマガ作成代行料金表サンプル・実績プロフィールお客様の声

(株)心に響く話し方 宮北侑季 様から頂いた喜びの声

お客様の声

私は森川さんに下記のサイトを作ってもらいました。

言響質問箱

これはメルマガ読者の数を増やしたいと相談した私に、
森川さんが提案して くださったアイディアの一つです。

おかげ様で、HPの約2.5倍のアクセス数をいただいています。

森川さんはこのサイトを作成する前に、
弊社のお客様についてじっくり コンサルしてくださいました。

森川さんは「○○したほうがいい」とは絶対言いません。
弊社にとって一番幸せな形はなんなのか、それを同じ目線で考え形にして くれます。

私は「心に響く話し方」を教えています。

でも、心に響く話し方ってどれだけ 相手を理解できるか、
相手の懐にポチョンと入ることが出来るかなんです。

森川さんは見事私の懐にポチョンと入り、
サイトのことはさっぱり分からない、でもこんな結果にしたい!
という私の思いを見事引き出してくださいました。

怪しい言い方ですが、森川さんと「これだ!」という共通見解が出たとき
「降りてきた〜〜!何かが降りてきたよ〜〜!!」と二人で連呼しながら打ち合わせしています(笑)

それくらい、互いの心が共鳴するまで納得したものを形にしてくれるのが森川さんです。

(株)心に響く話し方
代表取締役 宮北侑季 様

言響公式HP
言響公式Blog

障がい者支援団体からふる代表 吉澤泉 様から頂いた喜びの声

お客様の声

熊野ウェブさんにホームページをお願いするようになってから、
「かわいいね〜」「素敵ですね」とよく言われるようになりました。

私自身がITに弱いもので、
そう言われてもはじめはピンとこなかったのですが、
ホームページがイッパシですと
当団体の信用も大きくあがるものなんだ、ということが
じわじわわかるようになりました。

以前、からふるの活動をお話させていただく機会がありました。
参加者の方は、事前にホームページを見てきてくださっていたようで、
当日「実は私たちには事務所がありません」と話しますと、みなさん驚かれていました。

「立派なホームページがあって!?」
「そうか、その手があったか!!」

そんな声も聞かれました。

福祉の世界では、珍しいことだったようです。

任意団体の私たちにとって
ホームページで信用をいただけることはとてもありがたいことでした。

活動がわかりにくいところがありますので、
ホームページを大切にすることで 理念を伝えることができる、
共感してくださる方とたくさん出会える、
そうした願いを熊野ウェブさんが叶えてくださいました。

運用についても、
依頼するとすぐに更新していただいています。
とても頼れる存在です。

イベントの告知ページやバナーなども、こちらの話を最後まで聞いてくださり、
思いをすくってくださって、イメージ通りのページを作っていただいています。

思いが形になる喜びは、格別です。

また、忙しくて更新依頼を数カ月出すことができなかったことがありました。
その間、ふと気が付いたら、
熊野ウェブさんが定期イベントなどの日にちを
自ら更新してくださっていたのです。

感激しました。

お願いしたわけでもないのに、
私たちの活動を見守ってくれていて、
スタッフの言動や発行物の中から情報を見つけて
ホームページに反映させてくださっていたのでした。

熊野ウェブさんに、頭が下がる思いでした。

障がいのある子どもたちの自活支援団体からふる
代表 吉澤泉 様

からふる公式HP
からふるオンラインショップ

山口拓朗(感動フリーライター、映画批評家) 様から頂いた喜びの声

お客様の声

私は初めての著書、
『イチローともジャイアンとも初対面ですぐに仲良くなれる本』を出版する際に、
森川さんにアマゾンキャンペーン用のページを作っていただきました。

初めに仕上がったデザイン(草案)を見て、
即座に「これはいいゾ!」と思いました。

森川さんは、本の表紙の特徴をよく捉えたうえで、
色遣いから細かいデザインに至るまで、
「本の表紙」と「キャンペーンページのデザイン」に一体感をもたせてくれました。

本自体の存在を何倍にも際立たせる、そんな効果があったように思います。

おかげさまで、キャンペーンは大盛況となり、
拙書はアマゾン書店の売り上げ総合5位にまで登り詰めました。

「本」と「キャンペーンページ」が、一心同体になっていなければ、
ここまでの結果を残すことはできなかったかもしれません。

森川さんのご専門はウェブサイトの作成のようですが、
今回、拙書のキャンペーンページでも、そのスキルとセンスを遺憾なく発揮してくれました。

わが子(本)も喜んでくれたと思います(笑)。

本当にありがとうございました!

感動フリーライター、映画批評家
山口拓朗 様

山口拓朗Blog
イチローともジャイアンとも初対面ですぐに仲良くなれる本